光回線奮闘記(1) Biglobe遅すぎる件、スピードテスト

※この記事は2016年の記事です。

フレッツ光NEXT、Biglobeが遅すぎ!

NTTとBiglobeに電話をして色々調査して、Biglobeと契約したまま他のプロバイダへの乗り換えも試してみたまとめです。大変苦労しました…。

Biglobe遅すぎる件、スピードテスト

35Mbps出るはずが10も出ない。

忘れもしない5月12日頃。夜9時半過ぎるとやたらインターネットが遅くてイライラ!

そこでまず、定番のBNRスピードテストを行ってみました。

うちはもう化石のような「Bフレッツ」の「マンションタイプ」だったはずなので、最大100Mbpsといいつつ、良い部屋で36Mbpsしか出ません。

夜であれば20Mbpsあれば十分なのですがなんと…

下りで600K?!(0.6ってことです…)

意味不明すぎ…一体何が原因なんだ…。以前我が家でLANケーブルを交換した時に計測した表がこちらです。

BNRテスト CAT5eケーブル無線 CAT6aケーブル無線
下り 1.18Mbps 35.29Mbps
上り 6.22Mbps 5.83Mbps

おかしいな35出るはずが0.6ってどういうことなんだ?その後も計測した結果、0.6~10の間をウロウロ。夜中3時ごろになると20まで回復しました。
ちなみにスマホのデザリングでドコモのLTE回線が13Mbpsを叩きだしたので、まだスマホでデザリングしたほうが光よりマシという結果に…!ヒドイ!

時間帯が影響している?

色々計測した結果、「休日の夕方~夜」や「平日の夜~0時頃」にやばくなることがわかりました。もしかして、混んでる?そこで、NTTやビッグローブに聞いてみることにしました。

まずは契約を確認

NTT「Bフレッツは自動でフレッツ光NEXTになってます」

実家の回線は親が契約したまま親の管轄になっていたのです。

無線LANルータは私が買い換えましたが、その先…回線の方はノータッチでした。

NTTのサイトで、うちの地域はギガに対応しているようなので、電話で「Bフレッツのマンションタイプらしいので、フレッツ光ネクストのギガマンションタイプにかえられますか?」と聞いてみたところ

  1. 「Bフレッツ」の後継が「フレッツ光NEXT」
  2. お客様の地域では「Bフレッツ」は「フレッツ光NEXT」に自動で切り替え済
  3. 地域的にはギガが可能。でもお客様のマンションがギガの契約をしていないのでギガは申し込めない。なので現在の契約は「フレッツ光NEXTのマンションタイプ」でMAXの速度は100Mbpsまで。
  4. マンションのギガの契約は分譲住宅ならば管理組合とNTTの話し合いになるので個人ではどうしようもない

とのことでした。

そして、現在、契約は、①NTTの「フレッツ光NEXTマンションタイプ」+②プロバイダに別途請求の利用料で成り立っているとのことでした。

NTT「故障受付窓口に電話してくだされば24時間対応で速度を計測します」とのことだったので、後ほど原因解明のために何度も電話をかけることになりました。

Biglobe「Bフレッツのままで、しかも長割りが適用されていないのでお高くなっています…。適用しますか?」

ファ?!実家!ちゃんと見直しをしていないからこういうことに!!

NTTのサイト「Biglobeはプロバイダ利用料900円」
=これは、光ネクストのコースに長割り適用で900円になるという意味である。

現在、「Bフレッツ光マンションコース」の\1,980のままなので、これを光ネクストにあったマンションコースに変更し、長割りを適用するとなんと\900になるらしい…

実家どれだけ損してきたんだ。900円×何ヶ月だよ?!何年だよ!?

みなさん契約はこまめに見直しましょう…

 

★次の記事はこちら

前回の記事↓光なのに1M切るのがおかしいと思ってどこに原因があるのか調べました。NTTとBiglobeに電話した結果、最終的にはBiglobeの契約を残したまま、別のプロバイダを試してみることになりました。(1)NTTの故障窓口は実質24時間対応!ありがとうNTT。故障窓口は...