Adobe Lightroom CCアプリで簡単写真加工試してみた

群馬県榛名湖の写真をAdobe Lightroom CCで加工してスイス風にしてみました!

元の写真がこちら↓

ほんと暗い…!笑

私が撮ったこの日はかなり暗くボンヤリした写真になっております。

完成形がこちら↓

アプリひとつでここまでかわるとは…

この外国感…

スイス感www

※この画像が正しいスイスの写真です。

Adobe Lightroom CCで簡単写真加工

今回はAndroidのアプリ Adobe Lightroom CCを使いました。iPhoneもあります!

参考にしたサイトはこちらです。

こんにちは @ryo_pan です。 先日投稿したツイートが想像を超えてバズったのでちょっと焦りました。 13万(7月11日 12時現在)て! こういうテイストの写真は割とコンスタントに投稿しているんですけど、まさかこんなに多くの人に見て頂けるとは思いませんで...

かすみの除去

まず、「効果>かすみの除去」だけで、空がキレイになります。すげ~!これだけでも忘れないようにしたいわ…!!

明るさ

次に、「明るさ」をいじっていきます…が、写真によっては、調整した後、カラーミックスをやったらまた調整しに戻る可能性が高いです。

今回は、元の写真のうち手前の植え込みの色が濃く、目立たせたい湖と空の色が薄いので、大胆にハイライトとシャドウをいじりました。

最終的には露光量1.36EV、コントラスト6、ハイライト-70、シャドウ81、白レベル74、黒レベル-15になりました。

カラーミックス

そして、この死んだ色をカラーで変えていきます。

全体はホワイトバランスで変更できますが、さらに色ごとに調整を加えます。

まず手前の植え込みを目立たなくしたいので、「グリーン」を色相20,彩度-2,輝度-51にします。

さらに「シアン(薄い水色)」を色相12、彩度0、輝度-93までぐっと落としました。なぜ93かというと、防護フィルムのせいで指では-93までしか進められなかったからです…タッチパネルの弊害がこんなところに!PCなら数値入力できるんですけどね!笑

スマホアプリのデメリットについて

PCではなくアプリでできるのはすごいことだな~と思います…が、一番操作性で気になった点は、「直接数値入力ができない」ところです。

これにより、PCだと数値叩いてぱっと変化させられるところが、指でバーで調節しなければいけないので、戻ってしまったり進みすぎてしまったりイライラするときもあります。

それでもスマホでできるというところがすごいですよね。

オマケ(Photoshop)

Photoshopで写真をアニメイラスト風にするテクニックを試してみたかったので、先程の画像をPCに送って、Photoshopで続きの加工をしてみました。

Photoshopを使って、写真をイラスト風に加工する方法を紹介します。写真によって合う合わないはありますが、うまくはまるとアニメの背景っぽくなって楽しいですよ。Photoshopだけで簡単に加工できますので、よかったら参考にしてみてくださ

違いがわかりやすいのは、ボートの上の人や波、手前の花かな?と思います。

こちらのサイトを参考にして、HDRトーンはちょっともうある程度加工済みなので省略して、

除算を利用して線画を抜き出し、今回は視線誘導のために山の部分だけ線画を足して強調し、フィルターギャラリー>塗料をブラシサイズ4,シャープ0で加え、あとは参考サイトにあったぼかしガウスレイヤーを少しいじって載せました。

文字を入れてそれっぽくしておしまいです!なんかカレンダーにありそうな感じの加工になりました。

今回のフォントは「VDLペンレディ」。

レイヤー効果は下記のとおりです。

  • ドロップシャドウ:焼き込みリニア100%(色=■#0683ab)、距離2、サイズ30
  • 境界線:2px、外側乗算50%(色:■#02426e